百々染 momozome

百々染の購入はこちらから

深くてやさしい、藍をもとめて

12_ai+

天然藍の素直な色を、そのままに。

百々染のなかでも人気の高い、藍染めのストール。
ひとことで「藍」と言っても、その表情は様々です。
ジャパンブルーを思わせるような鮮やかで明るい藍もあれば、くすみを含んだ落ち着いた藍も。
その日の天気、気温や水温、そしてつくり手の想いによっても、藍の風合いは少しずつ異なります。
でもそれこそが、百々染の魅力です。

20150708
7/8の藍
タイプ ストール
素 材 楊柳
植 物
サイズ 180cm×34.5cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

20150807
8/25の藍
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

20150828
8/28の藍
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

20150805
8/5の藍
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

20150807-2
8/7の藍
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

20151104
11/4の藍
タイプ ストール
素 材 サテン
植 物 乾燥藍
サイズ 190cm×43cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ


清らかで冷たい、岐阜の清流で。

藍染めの風合いを決めるのは、流水による「水さらし」。ほかの染ものと異なり、藍染めは、冷たい水にさらして洗うことで、鮮やかで深みのある色へと変化していきます。
古くはこの工程を川で行っていました。冷たい川の水が藍をぱあっと明るく輝かせてくれていたのです。

百々染の工房にも、百々染専用の”川”がありました。
すべり台のようになった手作りの専用台で、今日も染め上がった藍染めを洗い流します。
すぐ近く、フェンスの向こうには本当に小川が流れているため、川のせせらぎを耳で感じながらの水さらし。
天気も良くて気持ちが良い、昼下がりのひとコマです。

百々染のつくり手たちが、2~3人で藍の水さらしを行います。
声をそろえて「せーの!」で、勢い良く百々染を”川”に流します。
この作業を、40分から1時間ほど。
根気よく流水にさらし続けることで、藍の色はぐんぐんと色鮮やかに花開いていくのです。

水にさらされるほどに色が変化していく藍。
藍染めは、使えば使うほどにさらに色が変化し、どんどん味わいを増していきます。
古くから「ジャパン・ブルー」と評されてきた、日本特有の色、藍。
深く、やさしく染め上げられた藍色を、さらにゆっくりと育むように大切に使い続けていくことで、ようやく百々染の藍は完成するのだと思います。


他の特集を見る

百々染の「ピンク色」セレクション

百々染のえらびかた
Vol.79

百々染の「黄色」セレクション

百々染のえらびかた
Vol.78

百々染の「藍」セレクション 藍染め特集

百々染のえらびかた
Vol.77

「ウコン」のあふれだすパワー

百々染のえらびかた
Vol.76