百々染 momozome

百々染の購入はこちらから

思いと一緒に届いた、あやめ

 

 

「いずれ菖蒲(あやめ)か、杜若(かきつばた)」
いずれも優れていて、選ぶのに迷うこと。順位をつけ難いこと。
こんなことわざにもでてくる、あやめ。濃い色をした花びらが目を引きます。

あやめは、乾燥した土地に咲く日本古来の品種で、梅雨のじめっとした季節にぱっと咲き誇ります。花菖蒲、かきつばた、アイリス…と、似ている花は多々ありますが、あやめは、花びらのところに網目状の模様があることが特徴です。

今回は、「摘む」ストーリーから紹介します。

 

 

 

 

 

 

百々染の農園で育てたあやめ。楽しみにしていた花がやっと咲いて、笑顔がこぼれます。
石原さんが、1輪ずつ優しく収穫してくれました。

 

 

 

 

 

 

散歩中に見つけたあやめは、「染めに使って~!」と分けていただきました。
笑顔と一緒に届けてくれるのは藤田さん。工房がぱっと明るくなる瞬間です。

集めてきたあやめは、じっくり時間をかけて染液に。

 

 

 

 

 

 

「摘む」からはじまった、あやめのストール。
たくさんの思いがつまった百々染ストールが完成しました。
あやめから染め上がったのは、まだこの2本だけ。どちらの色が好みですか?

(文/かに)

6/29のあやめ
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物 あやめ
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

7/4のあやめ
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物 あやめ
サイズ 180×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

 


他の特集を見る

種からストールへとつながった、赤ビーツ

百々染のえらびかた
Vol.70

ibukifarm×百々染~一枚の茶葉がつないだ縁~

百々染のえらびかた
Vol.69

思いと一緒に届いた、あやめ

百々染のえらびかた
Vol.68

ホロリと手のひらに落ちる、完熟の果実

百々染のえらびかた
Vol.67