百々染 momozome

百々染の購入はこちらから

涼しい秋の風に、やさしく大切な人思う花

 

 

 

 

 

 

暑かった夏が過ぎ、少しずつ秋の風を感じるようになってきました。 
季節が移りゆくたびに、巡る季節を連想するものを思い浮かべてしまいますよね。たとえば、道端で出会うコスモス。あの可憐な花を見ると「秋だな」と感じるのではないでしょうか?
 
コスモスの原産地はメキシコ。日本には明治時代にやってきました。「秋桜」という文字のごとく、秋に咲く花です。

語源は、「美しい」という意味する「KOSMOS」が由来です。このことから、星が美しく瞬く揃う宇宙が「COSMOS」と呼ばれており、整然と並ぶこの花も同じ名前で呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

「秋桜」の二文字を見たら、「あきざくら」ではなく、自然と「コスモス」と読んでしまいますよね。そもそも、なぜこの漢字が「コスモス」とよばれるようになったのか、ご存じでしょうか?

 

一説には、歌手の山口百恵さんが歌った、さだまさしさん作詞作曲の「秋桜」という歌謡曲が大ヒットしたからだといわれています。それ以前は「秋桜」は「あきざくら」と読まれていたそうです。
当初は、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天である「小春日和」という曲名にされる予定だったそうです。そこを「秋桜」とし、「コスモス」と読ませました。「結婚を直前に控えた娘さんが、育ててくれたお母さんを見つめた思い」を歌われています。
 
さて、前置きが長くなりましたが、本題です。コスモスは、花びらだけではなく茎からも色を抽出することができます。コスモスの茎を使った染液で染めると、穏やかなイエローカラ―のストールになります。

 

 

 

 

 

百々染工房では、様々な仲間が関わり、コスモスのストールを作っています。
 
茎を煮出し、煮出した染液にストールを浸けていきます。一度染めたストールは、もう一度じっくりと色を重ねながら手染めします。
素材と向き合いながら、色を重ねながら手染めしていく。この工程こそが、百々染がこだわりつづけたい、百々染工房ならではの“手仕事”です。

 

 

 

 

 

 

できあがったストールは、とても優しい黄色になりました。少しこっくりとした色使いが多くなる秋のコーディネートに、優しいアクセントになるストールです。
 
このコスモスのストールを纏って、「秋桜」を聴きながら、コスモス畑で秋のお花見ができたら素敵ですよね。

 

 

 

 

 

 

過去のコスモス特集

Vol.50:キバナコスモス(黄花秋桜)~秋の訪れ~
Vol.27:秋桜~コスモスの魅力を感じながら

 

(文/さとう)

9/13のコスモス
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物 コスモス
サイズ 180cm×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

10/17のコスモス
タイプ ストール
素 材 ジョーゼット
植 物 コスモス
サイズ 180×52cm
価 格 16,200円(税込)

商品ページへ

 


他の特集を見る

秋の紅葉を感じさせる「刈安」の黄色

百々染のえらびかた
Vol.75

香りで感じる秋

百々染のえらびかた
Vol.74

涼しい秋の風に、やさしく大切な人思う花

百々染のえらびかた
Vol.73

夏の暑さに負けないルドベキア

百々染のえらびかた
Vol.72